中学生 わきが 手術

MENU

中学生でわきがの手術は出来る?リスクはあるの??

中学生でわきがの悩みを抱えている子供は意外と多いんです。

 

私の場合も中学生頃からわきがの臭いに悩まされていました。

 

思春期という多感な時期だからこそ、わきがの悩みはかなり根深いものになりかねませんよね。
わきががイジメの原因になったケースもあるそうです。

 

我が子がワキガだと気づいたならば、
何とかしてあげたい!と思うのが親心でしょう。

 

では、中学生のわきがはどうやって治せばよいのか?

 

「わきがは手術をしないと治らない!」
なんて思い込んでいる人もいるかと思います。
実際に中学生でもわきがの手術は出来るのでしょうか?

 

 

中学生でも保護者の同意があればわきがの手術は可能です

 

わきがの手術自体は、保護者の同意さえあれば
中学生などの未成年でも受けることが可能です。

 

ワキガの手術は高額になるので、
中学生が自分で手術代払うというのは難しいでしょう。
でも保護者が同意してくれているのであれば、
手術代も保護者が出してくれると考えられるので、
費用に関しては問題ないのではないのでしょうか。

 

ただ、ワキガの手術には多くのリスクが伴う事も
知っておかなければなりません。

 

 

ワキガの手術には沢山のリスクが伴います

 

ワキガの手術をすると、脇に手術跡が残ります。
手術跡だけでなく、ワキの皮膚が壊死したりケロイド化する可能性だってあるんです。

 

男性でも脇に手術跡があれば気になるでしょう。
女性は夏にノースリーブになる事すらためらわれると思います。

 

傷跡だけではありません。
わきがの手術をした後から、脇以外の部分から強いニオイを感じる人や、他の部分から異常な汗が出るようになってしまう後遺症に悩まされる人もいるそうです。

 

あと、知っておいてほしいワキガ手術のリスクが
「再発」の危険性です。

 

ワキガの手術はかなりの確率で再発することがあるんだそうです。

 

特に中学生は、ワキガの臭いの原因となるアポクリン汗腺というものが未発達なんです。
20歳ころまではこのアポクリン汗腺の発達が考えられます。

 

なので、どうしてもワキガの手術をしたい!と考える方は、
アポクリン汗腺の発達が落ち着く、20歳以降が望ましいと思います。

 

私も今まで散々ワキガの手術を受けるか悩んできました。
ワキガに悩まされて5年以上たちますが、結局いまだに受け切れていません。
ワキガの手術のリスクを聞けば聞くほど、怖くなってしまったんですよね。

 

 

中学生でわきがを治すにはどうしたらいいの?

 

結論として、中学生でわきがの手術をするのはお勧めできません。
では、どのようにしてワキガの悩みを解決すれば良いのでしょうか?

 

私がオススメしたいのは、
ワキガ専用のデオドラントクリームを塗る事です。

 

最近は色々なワキガ専用デオドラントクリームが出ていますが、
実際にワキガの私が使用して良かったと思うのは
「クリアネオ」でした。

 

塗った時から臭いが和らいだのが分かるし、
効果の持続時間が長いです!!

 

私もいつかはわきがの手術をと考えていましたが、
今のところクリアネオを塗っていれば、さほど気にならなくなりました。

 

子供でも安心して使えるよう、無添加・無香料で作られているのも、
おすすめしたいポイントです。

 

親が思っているよりも、子供はずっと深く悩んでいるものです。

 

デリケートなことなので難しい問題ですが、
親子でしっかり向き合って、しっかりと悩みを解決していけると良いですね。

 

クリアネオには全額返金保証もあるので、
詳しくは公式ページをチェックしてみてくださいね。

 

クリアネオの詳細はこちらから>>